晴れのち雨ときどき畑





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

イベントのご報告 :: 2013/06/19(Wed)

名称未設定-2ottirabo
大東駅での
ヒルカツ@おっちらぼ

出雲ビックハート

出雲オーガニックマルシェ

にたくさん御来場ありがとうございました

今週は23日(日)加茂町ラメールの芝生の広場
うんなんナチュラルべじまーと

10時から15時まで

おまちしています


スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

料理教室♬ :: 2013/06/19(Wed)

名称未設定-2kannkyoukann
斐川環境センター(アース館)で穀物菜食料理教室をさせて頂きました。

麦入り玄米ご飯を炊きましたけど、
玄米ごはんの量は一日このくらい120g(女性の場合)
わたしはこの日は半分の量で十分でした。

玄米さえ食べれば
体の調子が整う、病気が治る、
ということは無いです。

それぞれ体質によっては玄米がいらない場合もあります。

白米にして頂く、
というよりは小麦(うどん、お好み焼き、クレープ)
などで、主食を陰性にし
玄米が頂ける中庸な体にもどしていくほうを
おすすめします。

名称未設定-1mameryourikyous
木次八日市交流センターでの穀物菜食料理教室。
こちらではごはんを3分付きにし、
さつまいもをいれて
土鍋で炊きました。

陽性タイプのかたの食べ方の提案です。

アース館は次回は9月28日
八日市交流センターは7月20日です。

御参加おまちしています





  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

拒食症、過食症、躁鬱病の原因と治し方の勉強会 :: 2013/06/04(Tue)

9月14日(土)にこのテーマで伊藤先生に講義していただくことになりました。
テーマにご興味がある方
無双原理の陰陽を深くまなびたい方

御参加お待ちしています。
近づきましたらまたブログにてお知らせ入れます
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

6月のイベントのおしらせ :: 2013/06/04(Tue)

6月はイベント盛りだくさん

6月8日 斐川環境学習センター(アース館)にて穀物菜食料理教室
6月9日 出雲ビッグハートで手作り雑貨のはりがえるフェス
6月14日ヒル活@おっちラボJR出雲大東駅構内
6月15日八日市交流センターにて穀物菜食料理教室
6月16日まちなかマルシェ出雲市中央通り
6月23日うんなんナチュラルべじまーと

に出店します。
くわしくは
菜の花まで0854-42-4522
nanohanappy@ybb.ne.jp

ヒル活とは・・夜の交流会より気軽に参加出来て
       夜の飲み会じゃ出会えない新しい出会いがあって
       美味しいご飯やスイーツも食べられる
       そんな交流会

だそうで
どなたでもご自由に参加できます。
マイはし、さら、コップ御持参でどうぞお越しください。
ヒル活はきっと婚活じゃないけど、
それもありだね~。

たのしそー

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

ふるえ(振とう)、けいれんの原因 :: 2013/06/04(Tue)

パーキンソン病
 大脳と脊髄をつなぐ中脳には左右二つ黒質と言って肉眼で黒くみえる
 部分があり、そこではドーパミンが作られますがその黒質が減少する
 のがパーキンソン病。
 患者数は15万人
 65歳以上では100人に一人の割合。

 自分で体のコントロールが出来ず、歩行困難最後には寝たきりに。
 安静時に指、手の震えがあらわれ、
 作業時には止まる。
 手は烏口のような形(人差し指と小指がまっすぐで後の指はうちがわに丸まり、
 親指とむきあう)で毎秒5回で震える。
 
 まばたきの回数は減り、歩行は小幅。
 イスに座っていると何10分たってもそのままで同じ姿勢(無動)。
 立っているときにバランスを崩すと手を動かさず棒のように倒れてしまう。
 など他人の介助を必要とします。


書痙(しょけい)
 字を書こうとすると、けいれんによって字を書く事が出来ない。
 硬直・・手の筋肉が過度に緊張力の入り過ぎで時にけいれんして字が書けない(陽性)
 震顫・・手が震えて線をまっすぐ書けない。(硬直の一歩手前、陽性)

 精神的に元来神経質で不安、強迫観念の強い人が多い。
 食養では動物精食品と砂糖の摂り過ぎが原因とします。

チック症
 乳幼児期から学童時期にかけて多くの子供に見られるものですが、これが固定化・慢性化して
 激症化するとチックと判断されます。
 
 まばたき、首降り、顔しかめ、口すぼめ、肩あげ。
 飛び跳ね、足踏み、足けりなど。
 咳払い、鼻ならし、叫びや単語を連発する。
 
眼球しんとう

貧乏ゆすり
 かかとを上下させる(陰性)
 ひざを開閉(陽性)
 
しゃっくり
 横隔膜のけいれんで酸素不足(陰性が多いが陽性から来るしゃっくりもある)

一時的なふるえ
 寒さで前進が寒く歯をカチカチ鳴らす(陰性)
 発熱の前兆で背中がぞくぞくする(陽性)
 手のしびれ(陰性)
 

 食養では横揺れは動物性たんぱくのとりすぎ
 血液が酸化して筋肉が酸素不足でけいれんをおこす。
 縦揺れは陰性食品の摂り過ぎで酸素不足によってけいれんをおこします。

名称未設定-1syokusen

さつま芋入り分づき米
そら豆のスープ
きんぴらこんにゃく
切干大根とだいずちくわの和え物

一慧先生の食箋料理です。
お米はマスタークックで炊いています(土鍋炊き)

カロリー過多なので玄米ではなく分づき米に陰性のさつまいも。
コンニャクの強アルカリを使って血液をきれいにし、
切干大根でたんぱくを分解。
大豆でできたちくわで良いたんぱくを補っています。




 


 
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。