晴れのち雨ときどき畑





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

勉強会のご報告 :: 2012/06/26(Tue)

愛知食養村の伊藤誠せんせいをお招きし、勉強会をいたしました。
勉強会といっても堅苦しい会ではなく途中でケーキとお茶の時間もあり、
普段疑問に思っていらっしゃることを気軽に質問できる会です
名称未設定-1
第一講義 主食(玄米など)が入らない

体質が陽性の肥大の人は
陰も陽も共に食べ過ぎ、飲み過ぎ
短期的に断食OK
    飲み物を多く摂るOK
    生野菜OK
    果物OK
    酢のものOK
    塩気を少なく
    サウナOK
中庸に近づいたら正食の基本に戻します
主食1に対し副食1~2

体質が陽性の委縮の人は
陽の食べ過ぎ
短時間に調理した野菜炒め
    塩気はやや少なく
    水分は普通にとる
    温かいものを摂る(冷たいものでは締まるので)
    硬い体をゆるめるのにおかゆ、ほうとうなどを使う
    体をあたためる
    入浴、温泉OK
主食3に対し副食1.5~3

体質が陰性の肥大の人は
陰の食べ過ぎ、飲み過ぎ
    油、火、時間をかけて調理
    塩気は徐々にやや強く
    飲み物は少なく
    断食は厳禁
    入浴は少なく
    入るときは梅しょう番茶か醤油番茶をのむ
主食3に対し副食1

体質が陰性の委縮の人は
陰陽共に不足特に油不足
    細かく切り時間をかけて調理
    鉄火味噌、豆味噌で造血
    飲み物陽性にし、少なく
    断食厳禁
    体を温める
    入浴厳禁
主食2~3に対して副食1

体質によって主食と副食の摂り方がちがってきます。
主食は必ずしも玄米などお米にこだわる必要はありません。
陽性のタイプの方は小麦、オーツ麦なども使えます。
麦でも造血はできます。ご心配なく。

ご自分のからだの声を聞いてください。



スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<貧血の食事 | top | 本日のおべんとう>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanohanadayori.blog35.fc2.com/tb.php/446-693034e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。