晴れのち雨ときどき畑





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

体内酵素は血液からつくられる :: 2012/07/11(Wed)

酵素には体内で作られる体内酵素
食品に含まれる外部酵素の2種類があります。

体内酵素は不足すると、栄養素が吸収されない、解毒作用が弱まるとか、
神経系やホルモン系のバランスも崩れてきます。
また免疫や自己治癒力が弱まるなど生命維持活動に支障をきたします。

西洋医学では一生の間作られる体内酵素は遺伝子によって生まれた時に決められていて、
それ以上は作られないとしていますが、
食養からみると奇麗な濃い血液であれば酵素も十分につくられます
血液が薄かったり汚れていると作られる量が少なくなります。
そしてその差は寿命の差につながります。

体外から摂る酵素としては生の食品や発酵食品に含まれている食物酵素があります。
味噌、醤油、たくあんなどに含まれる陽性な酵素と
野菜、海藻、果物、納豆、酢などに含まれる陰性な酵素があります。
穀物菜食では上記のもので十分酵素は摂れます。

乳酸菌酵素ドリンクを外部から入れると胃酸で変質し、溶けて体内で役に立ちません。
青汁の陰性を摂ると陽性なイオン化カルシウムを消します。
血液中のイオン化カルシウムが無くなると死に至ります。
ほとんどの医薬品(鉱物、元素のかたまり)はイオン化カルシウムを消します。
さまざまな酵素ドリンクは砂糖を培養しています。
それだけ陰性ということです。


近年は添加物、化学薬品に、アルコールに酵素を浪費しています。
酵素が無ければ話すことも、呼吸することもできません。
生きている限り酵素が必要です。

潜在酵素を無駄使いせず、節約することは老化を防止しいつまでも若々しくいきていけます






スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<きすき夏祭りの夜営業いたします | top | 陽性タイプのダイエット>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanohanadayori.blog35.fc2.com/tb.php/454-81bb904f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。