晴れのち雨ときどき畑





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

16日の料理教室は :: 2013/03/18(Mon)

名称未設定-1oyaki
かわいいねぎのおやきをおひとりずつ
くるくるまいて焼いてもらいました。

生地を4等分にしましたが、おうちではそのまま生地をのばして、大きい円で焼いた方が
  一度で焼けます。

ねぎのおやき
強力粉 200g
60度くらいのお湯 110cc
塩   少々
トッピング
 白ネギの白い所みじん切り 1本分
 麦みそ 大さじ1
 ごま油 大さじ1/2
 塩   小さじ1/4

①強力粉に塩を入れて一気に湯をいれてこねる
②表面が奇麗になるまでよくこねて、ラップして30分くらい置いておく
③生地をとりだし長方形にのばして、麦みそ、油、塩の順に具をおいて手前からくるくる
 向こう側へ巻いていく巻きとじを少し指でつまみ、今度は中へ向け手くるくる巻いていく
 ちょうどしなもんろーるみたいに。
④渦巻が上から見えるようにおいて綿棒で破れないようにゆっくりうすくのばしていく
⑤ごま油をひいたフライパンで弱火で10分ひっくり返して5分くらい焼く


名称未設定-1dekita
こむぎは冷えませんか?
よく聞かれる質問ですが、最近は小麦にしてからだの調子がいい
という声の方が多いので、
教室では小麦を使ったお料理をご紹介しています。

小麦はそれでも穀物ですからね、
お米と比べると陰性ということになりますけど。
もっと砂糖とかはちみつとか米酢とかアルコールとかコーヒーとか薬とか添加物とか
化学調味料とか、南の果物とかのほうが極陰性で
これらはからだの状態を陰性にし、摂ってしまうと中庸にもっていく調整をしなければいけなくて
時間がもったいないので
わたしは摂りません。

わかりやすくいうと、
極陰性なものをとって鼻水がでたり、下痢になったりするのを
小食にしたりとか、くずを飲んだりとか、梅しょう番をのんだりして過ごすのがめんどくさい。

からだがそれいらないって言ってんだから~摂らない方がいい。

陽性な玄米と塩気のきついおかずも陽性すぎて締まって冷えを感じることが
最近は多いです。

なので、小麦を摂ってお野菜摂って緩めています。
陽性で締まった方
陽性で多血のタイプの方にはこの食事の摂り方をご紹介しています。


今月も御参加ありがとうございました




スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<臨時休業のおしらせ | top | アース館での料理教室>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nanohanadayori.blog35.fc2.com/tb.php/503-6b20454c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。